建築費用は家だけの金額ではないのでご注意を

私が注文住宅を建てる前、マンションを購入し、夫婦で住んでいました。第1子が生まれて2年ほど経った頃、何となく一軒家が欲しいと思い始めました。住んでいたマンションは家族向けのもので、間取りは3LDK。取り立てて狭いという訳ではなかったのですが、収納が少なく、子供が生まれてモノが増えてきたので不満がありました。今後、二人目も欲しかったので、マンションを売却して一軒家を建てる事にしました。
そうして無事に一軒家を建てる事ができました。その際、我が家がこだわったポイントとしては、「和モダン」な家づくりです。基本的には洋風なのですが、和室にこだわりました。畳部屋を用意し、そこへ向かう廊下に、天然石の飛び石と玉砂利を周囲に敷きました。それなりに雰囲気が出てお気に入りのポイントです。
我が家の後悔ポイントとしては、バルコニーに水道をつけなかったことです。小さなプールなら置ける、広めのバルコニーを作ったのですが、水道をケチってしまったので、水遊びや掃除がおっくうです。

家を建て替えたいなと思っている方、特に金額だけで決める方にご注意です。

家を建て替えるときにご注意いただきたいのは、解体費用と上水道が市町村で引かれているものかです。特に、上水道は私管か公管かで、費用がかなり変わってきます。公管は特に問題ないのですが、私管は権利金が発生する可能性があります。権利金は私管の持ち主の言い値です。また、その持ち主の記名、捺印が必要となり、かなりストレスがかかります。

水道の状況を調べるためには、最寄りの公共団体の水道担当にお聞きください。私の知る限り、聞くだけであれば、無料で教えてくれます。

また、どの場所に水道が入っているかも大事になってきます。早宮にある私の自宅は、昔の区画整理の名残りがありまして、道路間口の後ろ側から、後ろ隣の敷地境界に入っていて、もしその水道管が壊れたときの工事を想像すると水道を引き直した方が良いと勧められました。

早宮エリアでの建替え業者はネットで探して格安で上げたのに、結局上水道を引き直しで、100万円位かかりました。

<PR>|女性向けエステ.com|健康マニアによる無病ライフ|クレジットカードの即日発行じゃけん|JALカード|生命保険の選び方|お家の見直ししま専科|アフィリエイト相互リンク|家計見直しクラブ|住宅リフォーム総合情報|お小遣いNET|オーディオ|心の童話|GetMoney|童話|マッサージのリアル口コミ.com|サプリメント|